1. 杢目金屋ホーム
  2. >
  3. ニュースリリース
 
両国にある刀剣博物館にて開催中の「現代刀職展」にて、杢目金屋代表髙橋正樹が復元制作しました刀の鐔(つば)が展示されています。
毎年1点、木目金作品の復元研究を行い新作名刀展に出品しており、昨年度、優秀賞に次ぐ努力賞を受賞した作品となります。
「今に伝わるいにしえの技」として、他にも現代の作家による刀や刀装具が数多く展示されています。
日本刀に関する情報が詰まった「刀剣博物館」は、江戸東京博物館の近くにありますので、ご興味のある方はぜひ一度お訪ねください。
 
刀剣博物館HP

https://www.touken.or.jp/museum/

 

a1.jpg

a2.jpg

a3.jpg

a4.jpg

a5.jpg

2月5日(月)に「第7回ものづくり日本大賞」経済産業大臣賞の表彰式典が開催され、
「伝統技術の応用部門」において受賞しました弊社代表の髙橋正樹と開発部門責任者が世耕弘成経済産業大臣より賞状とメダルを授与されました。
受賞展示会場においては西銘恒三郎経済産業副大臣に結婚指輪「つながるカタチ」の開発についてご説明、指輪の分かち合いを体験していただきました。
杢目金屋は今後もこの賞を励みに伝統技術「木目金」を活用した創造的な商品を開発、お客さまへのあらたな価値の提供に取り組んでいきます。
 
monozukuri02.jpg
 
 
monodukuri02-e1517883624533.jpg

結婚指輪「つながるカタチ」は世界最高峰のデザイン賞「iFデザイン賞 2018(ドイツ)」受賞しました。

「red dot design award 2017」の受賞とあわせて、世界三大デザイン賞の内の2つを受賞する快挙となりました。

 

 

https://ifworlddesignguide.com/

世界3大デザイン賞の一つであるiFデザイン賞は、ドイツ・ハノーバー工業デザイン協会が毎年主催する、全世界の優れたデザインを選定するデザイン賞です。20を超える国々から集まる約60名の著名な専門家が、デザインの美しさや機能性のみならず、革新性など18項目に及ぶ厳正な審査基準に基づき受賞者を選定しています。2018年は過去最高の54か国から6402点の応募があり、1218点が受賞しました.

 

 

「ものづくり日本大賞」は、製造・生産現場の中核を担っている中堅人材や伝統的・文化的な「技」を支えてきた熟練人材、今後を担う若年人材など、「ものづくり」に携わっている各世代の人材のうち、特に優秀と認められる人材を顕彰するものです。本賞は、経済産業省、国土交通省、厚生労働省、文部科学省が連携し、平成17年より隔年開催しており、今回で7回目を迎えます。
 
「伝統工芸を産業化し、現代的なブランディングにより、若い世代に訴えかけ、広く支持を得ている点では、伝統と革新のロールモデルとなりうると思われる。学術的な探求、ものづくりの現場、小売の現場でのエモーショナルなおもてなしが、良い循環を生んでいる。」という点が評価されました。
 
 

杢目金屋の結婚指輪「つながるカタチ」が、国際的なデザイン賞である「German Design Award 2018」(ドイツデザイン賞)の、エクセレント・コミュニケーション・デザイン部門にノミネートされました。

※「German Design Award」(ドイツデザイン賞)は、ドイツ連邦議会の後援により設立されたドイツデザイン評議会(The German Design Council)が主催する、国際的に権威のあるデザイン賞です。ノミネート(受賞候補)となるには、他の国際的なデザイン賞を受賞していることが必須条件で、その上で、ドイツデザイン評議会の推薦を受けたものだけが「Nominee」となります。そのため、ノミネートされること自体が名誉とされ、その厳格な審査から「賞の中の賞」とも呼ばれています。

http://www.german-design-award.com/

7月9日日曜版「日本経済新聞 The STYLE 」21面に当社の記事が掲載されました。杢目金屋の職人が一点ずつ製作する結婚指輪は「木目金」という伝統技術が用いられております。記事では歴史的背景やその特徴と共に紹介されています。
 
 
 

結婚指輪「つながるカタチ」が、 世界最高峰のデザイン賞「レッドドット・デザイン賞」(ドイツ)を受賞しました。

2016年に“結婚指輪″として【日本初】の受賞となったのに続き、 2017年も受賞となりました。
「レッドドット・デザイン賞(ドイツ)」とは、 過去2年以内に製品化されたデザインを対象に、 デザインの革新性、 機能性、 人間工学、 エコロジー、 耐久性など9つの基準から審査され、 優れたプロダクトに贈られる世界最高峰のデザイン賞です。
今回は、 世界54カ国から5,500点の応募があり、 その中で優れたプロダクトとして評価されています。

この度経済産業省の「おもてなし規格認証2017」における「★★(紺認証)」のパイロット認証をジュエリーの製造・販売を行う事業者として初取得いたしました。

■ 経済産業省「おもてなし規格認証」とは
 経済産業省による、サービス産業の活性化と生産性の向上を目的として、サービス品質を「見える化」することによってサービス事業者の活性化を促進する仕組みです。
 「★★(紺認証)」は"独自の創意工夫が凝らされたサービスを提供する事業者"に付与されます。
https://www.service-design.jp/

このたびパイロット認証として「成城石井」 「Zoff」など11社が取得しました。杢目金屋はジュエリー・ブランドとしては「初取得」となります。
 受賞のポイントとして、お客さまに対して伝統工芸を通じた「Made in JAPAN」の 商品を企画・製造・販売し、「世界にひとつ」というオーダーメイドで永続的に提供、改善できる経営システムが評価されました。

杢目金屋はこれからもお客さまのためのものづくりを続けていきます。

9月1日(木)、「杢目金屋 西武池袋本店」がニューオープンいたしました!

JR池袋駅から直結と便利な場所です。

 

・住所:〒171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店2階 婦人雑貨売り場

・問い合わせ先:03-6907-2945

 

2016年1月15日(金)に放送され、杢目金屋代表の髙橋正樹が出演しましたNHK BSプレミアム「美の壺」の「千年の光 日本刀」の回の再放送が決定いたしました。「刀を彩るスゴワザ発見」として木目金の鐔が紹介される中で、髙橋が「木目金の研究者」としてインタビューに答え、江戸時代の名品の鐔を復元する様子がご覧いただけます。 

 

「美の壺」は2006年に開始され360回を超える人気番組で、暮らしの中に隠れたさまざまな美を紹介する新感覚の美術番組です。木目金の魅力が美しい映像とともに紹介されますのでぜひご覧ください。

 

【再放送日程】

NHK BSプレミアム

10月5日(水) 午後2時40分~3時09分

 

【 NHK「美の壺」】 

案内役:草刈正雄    ナレーション:木村多江