Interview - 【働くひと達】

  1. 杢目金屋ホーム
  2. >
  3. 採用情報
  4. >
  5. Interview - 【働くひと達】

育てたスタッフの頑張りが
自分自身の成長につながる

制作部マネージャー
安部 崇 2006年入社

杢目金屋を選んだ理由は、ジュエリーの制作技術をもっと磨きたくて。
入社当初は工房と店舗が一つの場所にあり少人数だったため、生産体制もままならず、常に目の前の指輪をどうすればきれいに作れるかだけを考える日々でした。
先輩の技術を目で見て憶える職人の世界でしたが、今になってようやく全てがかけがえのない経験の日々だったと感じています。その後、しっかりとしたOJTの体制を構築しマネージャーとして部下の技術習得のスピードUPや新人の教育の地盤固めに尽力できるのもこういった経験があったからこそ。苦労した分、新人のつまづきも理解できます。
自分が教えたスタッフが成長し技術をつけ、一人で指輪を作れるようになってくれた時の喜びは最高です。

多くの出会いがある
素晴らしい仕事です

直営店事業部 関東サブエリアマネージャー
三浦 文絵 2006年入社

現在では数多くある直営店が1店舗しかなかった時期にコンシェルジュとして入社しました。
その後二桁にまで急成長をとげる杢目金屋直営店の東日本エリアの店舗展開に携わってきました。
1年に数店舗を展開するスピードに対応できたのは、本部での店舗管理、店長、スーパーバイザー、エリアマネージャーと様々な経験の積み重ねの中でいつも自分の課題が目の前にあり、それに向かって頑張ってきたから。
その経験があるからこそ、今をどうすればいいかという迷いをなくしてくれます。
そしてなによりも一緒に頑張れる仲間が増え、多くのお客様との出会いがかけがえのない財産です。

このページのトップへ