結婚指輪「つながるカタチ」は世界最高峰のデザイン賞「iFデザイン賞 2018(ドイツ)」受賞しました。

「red dot design award 2017」の受賞とあわせて、世界三大デザイン賞の内の2つを受賞する快挙となりました。

 

 

https://ifworlddesignguide.com/

世界3大デザイン賞の一つであるiFデザイン賞は、ドイツ・ハノーバー工業デザイン協会が毎年主催する、全世界の優れたデザインを選定するデザイン賞です。20を超える国々から集まる約60名の著名な専門家が、デザインの美しさや機能性のみならず、革新性など18項目に及ぶ厳正な審査基準に基づき受賞者を選定しています。2018年は過去最高の54か国から6402点の応募があり、1218点が受賞しました.

 

 

「ものづくり日本大賞」は、製造・生産現場の中核を担っている中堅人材や伝統的・文化的な「技」を支えてきた熟練人材、今後を担う若年人材など、「ものづくり」に携わっている各世代の人材のうち、特に優秀と認められる人材を顕彰するものです。本賞は、経済産業省、国土交通省、厚生労働省、文部科学省が連携し、平成17年より隔年開催しており、今回で7回目を迎えます。
 
「伝統工芸を産業化し、現代的なブランディングにより、若い世代に訴えかけ、広く支持を得ている点では、伝統と革新のロールモデルとなりうると思われる。学術的な探求、ものづくりの現場、小売の現場でのエモーショナルなおもてなしが、良い循環を生んでいる。」という点が評価されました。